塩山(えんざん)の情報

塩山の観光などの情報を掲載しています。

風景写真

自然情報が満載の塩山

【フルーツ狩りなども楽しめます】
詳しくは観光のページへ

塩山は、ハイキングやトレッキングに適した道がたくさんあります。

いろいろな道を探索するのも楽しいですよ。

また様々な果実が収穫できるのでワインなどもいろいろと味わうことができます

四季折々の花を楽しんだり、温泉で疲れを癒したり、塩山で楽しい思い出を作ってください。

【塩山の情報】

市域は南北に長い地形で、 国道411号 が南北に貫いています。市の南部は 笛吹川 ・ 重川 ( 富士川 水系 )の流域。また国道411号の 柳沢峠 より北は、 多摩川 の流域になります。市の南方面が市街地になります。駅 や 市役所などもこの地域にあります。

牧庄は市域の藤木、小屋敷から旧牧丘町域に及び、平安時代後期には甲斐源氏の一族安田義定が本拠に勢力を持ち、藤木に放光寺を建立。義定は源頼朝の挙兵に参加して活躍し、安田氏の没落後には古代豪族の於曾氏が勢力を持つ。

市域には古刹が多く、鎌倉時代後期の元徳2年(1330年)に牧庄主二階堂貞藤が鎌倉から夢窓疎石を招いて恵林寺が建立され、多くの著名禅僧が入山し甲斐国における臨済禅の中心地となった。

また、康暦2年(1380年)に武田氏の寺領寄進で抜隊得勝が建立した向獄寺もあり、古刹が集中する。

引用:WIKIPEDIAより